シロアリ駆除をする前に、知識を持つべし!

  • HOME
  • シロアリの実態
  • 業者選びのポイント
  • 駆除の方法
  • DIYでのシロアリ駆除
  • 起こりうるトラブル
手のひらの上にある家

シロアリが好む家とは

「知識を持つ事で対策ができる」

まず、シロアリの好む環境を知る事がシロアリ被害を予防するためには必要です。
我が家は対策をしっかりしていると考えていても、その方法が間違っていては効果がありません。
どういった環境を好み、どういった環境を嫌うかを知る事で自然と予防に最適な環境を知る事に繋がります。
そこで、シロアリの好む環境について説明をしていきます。

「要注意の場所とは」

シロアリが発生しやすい、好んで侵食する環境の中で最も大きな要因となるのが湿気です。
じめじめと常に湿気がある環境は、シロアリが木材を分解するのに最適の環境となります。
では、どういった所に注意をするかといえば、まずは侵入経路となる床下でしょう。
床下は湿気がこもりやすくジメジメする事が多く、同時にシロアリが侵入してくる場所でもあります。
そのため、床下の湿度をチェックし常にジメジメしている場合は要注意です。

次に注意するべき場所となるのが押入れや物置。
普段は奥の方まで見る事が少ない場所であり、気付けばカビが発生しているという事もありえます。
カビは湿気が多い場所に発生するため、発生している場合は害虫にとっても住みやすい場所となります。

「周辺環境にも注意」

家は乾燥していて害虫が寄り付きにくい環境ができている、という場合でも注意が必要なケースがあります。
それが、家の周囲を囲む周辺環境です。
まず、木材などを庭に置いている場合、その木材にシロアリが発生し、近くの家まで侵攻してくる可能性があります。
そのため、木材などを放置している場合は処分するか、注意して管理する必要があるわけです。
次に、川や池などが家のすぐ近くにあるという場合にも注意が必要です。
水場があるという事は、その周囲の土壌も多くの水分を含んでいる可能性が高いため、シロアリにとって好都合な状態となります。
こうした環境に住んでいるという場合には、家自体が乾燥していたとしても常に注意をしておく必要があるでしょう。

「近場で被害が発生した場合」

もう一つ注意をするべきであるのが、近所の家屋がシロアリの被害を受けたというケースです。
シロアリは地中に道を作り家屋に侵入してくるため、駆除により逃げ出したシロアリが家屋に侵入してくる可能性もあります。