シロアリ駆除をする前に、知識を持つべし!

  • HOME
  • シロアリの実態
  • 業者選びのポイント
  • 駆除の方法
  • DIYでのシロアリ駆除
  • 起こりうるトラブル
手のひらの上にある家

ベイト工法

「ベイト工法とは」

シロアリ駆除の代表的な方法の1つである「ベイト工法」。
これは、巣にベイトを持ち帰らせて巣ごとシロアリを全滅させるという非常に効果的な方法です。
庭など、シロアリがいると思われる場所にベイトを設置し、シロアリが巣に持ち帰るのを待ちます。
シロアリは、一度手に入れた食料を巣に持ち帰る修正があるため、ベイトは巣の中に保管されます。
このベイトから害虫を駆除する成分がでて、巣をまるごと壊滅させる事ができるという画期的な方法です。

「ベイト工法のメリットとは」

「ベイト工法」の持つ最大のメリットは、巣ごとシロアリを一網打尽にする事ができるという点です。
周囲にシロアリがいなくなれば家が被害を受ける可能性もなくなるため、非常に効果的な方法であるとも言えます。
また、使用する薬剤の量が少ないというのも1つのメリットです。
薬剤塗布を至るところに行う「バリア工法」の場合、床下などは全体的に薬剤塗布を行います。
そのため、小さい子供やペットがいる場合に健康上あまり良いとはいえません。
ベイトの場合、巣穴に薬剤が持ち込まれて効果を発揮するため、少ない薬剤量で大きな効果を発揮する方法であると言えます。
また、薬剤の異臭もほぼ無く、環境に与える影響も少ないエコな方法です。

ベイト工法は環境に優しくエコ、子供やペットにも配慮しつつ強力な駆除効果を持つ方法です。
しかし、その効果は非常にゆっくりとしたもので受身的な駆除方法であると言えます。
シロアリが餌を持ち帰れば効果を発揮しますが、持ち帰るまでは設置しているだけの物となります。
そのため、すぐさま効果が得たいという場合には有効ではなく、長期的に見て駆除や予防をしたいという場合に有効です。
現在、家がシロアリに襲われているという場合には効果が薄く、即座に効果がでないというデメリットがあります。

「ベイト工法まとめ」

ベイト工法は効果的なシロアリ駆除の方法ですが即効性はありません。
そのため、事前の予防的な意味合いで使うことで最大効果を得る事のできる方法です。
または、シロアリの侵攻度合いが少ないという場合にも効果的です。