シロアリ駆除をする前に、知識を持つべし!

  • HOME
  • シロアリの実態
  • 業者選びのポイント
  • 駆除の方法
  • DIYでのシロアリ駆除
  • 起こりうるトラブル
手のひらの上にある家

駆除作業を行うまで

「流れが分からないと依頼しにくい」

シロアリ駆除を自力でしようとしても上手くいかず、駆除業者に依頼を行うという人は少なくありません。
そういった人たちの中に多いのが、どの様に作業を行うかの流れがわからないため、依頼がしにくいというケースです。
そこで、流れが分からなくて不安という人に向けて、作業が行われるまでの流れを紹介していきまうs.

「まずは電話で見積もり、調査依頼から」

インターネットでシロアリ駆除業者を探し、いくつかの目星をつけた場合は見積もりや調査依頼の相談をしましょう。
電話で家の大きさや被害の程度を伝えれば、ある程度の見積もりを出してもらう事ができます。

「現地で見積もりをしてもらう」

シロアリの場合は他の害虫と違い見えない場所に被害が起きている可能性があります。
そのため、見積もりは実際に現場を確認してもらう必要があるため、現地での見積もりが必要不可欠です。
電話では安かったのに、現地で調査してもらうと高額だったというケースもあるため、しっかりと調査をしてもらいましょう。

「日取りを決めて、駆除開始」

現地調査を行い見積が出て、ここの業者に依頼すると決まったら、次は日取りを決める事になります。

「最後は片付け、後処理」

シロアリの場合、施工方法にもよりますが数ヶ月をかける長期戦となる場合もあります。
そのため、施工が完了するまでには時間が掛かります。
施工が完了、駆除が完了すれば終わりですが、再び被害が発生しないかの追跡調査も行われます。

「流れを理解する事で落ち着いて対応できる」

上記の流れが一般的なシロアリ駆除の流れであり、駆除期間は1年に及ぶこともあります。
また、現地調査では床下や被害箇所の現在の状況を詳しく教えてもらう事ができるのでしっかり聞いておきましょう。
業者によっては、実際に調査している様子をリアルタイムで確認できるため、自分の家の現状を知る事ができます。
被害が発生している場合、どういったフローで駆除が行われるかを知っておけば、流れの理解も素早くできますし、何よりも不安な事や疑問を訪ねる事ができます。
何も情報が無いという場合、話の流れが分からないまま駆除を依頼してしまう可能性もあり、
そういった場合には適切な対応をしてもらえないというケースがあるため、事前に知識を仕入れておくべきです。